<< K163 サンバー | main | 純正ハザードハーネス >>

ミッションオーバーホール

 

以前からお世話になっているお客様からクラッチが繋がらないとの連絡で

 

早々に引き上げて点検いたしました。

 

クラッチにはダメージが無く「もしや!」の予想通りミッション内部のトラブルでした。

 

エンジンミッションを降ろしての作業になるためミッションOHのついでに

 

エンジンもOHの作業となりました。

 

 

 

ミッションを開けていくとプライマリーギアを留めているはずのナットが

 

締まっていません。よく見るとロックワッシャーがついていない!!

 

以前、ミッションは開けられていた形跡は有りましたがロックワッシャーが入っていないとは・・・。

 

 

しかも内部があちこち錆びている。

 

部品交換を含め治しがいのあるミッションです。

 

 

 

部品単体になるまで完全にばらして使える部品と使えない部品の選別をして

 

ミッション部品、ブロックにいたるまで洗浄し、ブロックはブラスト作業をいたします。

 

エンジン、ミッションOHが一度に出来るとブロック洗浄、ブラスト作業が出来てきれいに出来ます。

 

 

 

きれいになった部品を組んでいきます。

 

 

 

 

エンジンボーリング加工が出来上がったらエンジンを組んでいきます。

 

加工に出している待ちの時に他のスバルのエンジンミッションを降ろしてミッションOHします。

 

ここのところ、エンジンミッションのOHがたくさん入ってきており

 

お待たせしているお客様にはもうしばらくお待ちください。

 

 

 

at 18:03, GARAGE PLEIADES, スバル360

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
subaru360osaka, 2017/02/10 11:26 PM

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
他では治せないミッションを修理頂きまして、ありがとうございました!










trackback
url:http://blog.subaru360.net/trackback/104